• カステラの歴史

ホーム » カステラの歴史

カステラはふんわりとした食感と、卵本来の味を感じさせる甘さを持ち、子どもから大人まで愛されるお菓子の一つです。そんなカステラはいつ頃生まれ、どのように日本に伝わってきたのでしょうか。

カステラの起源

カステラ

カステラの語源はスペイン語の「カスティーリャ(castilla)」からきており、カステラの原型となるお菓子はポルトガルの「パン・デ・ロ(生焼けカステラ)」です。ポルトガルのお菓子が「カスティーリャ」と呼ばれた理由には諸説ありますが、有力な説としては1580年以降スペインとポルトガルはフェリペ二世のもと同君統治状態に置かれていた事が関係しています。つまり、ポルトガルはカスティーリャの一部として捉えられていたために、そう呼ばれていました。

カステラの渡来

カステラ

室町時代末期にポルトガルの宣教師によりカステラは伝えられ、日本で最初にカステラを食べたのは織田信長と言われています。カステラは砂糖、卵、小麦粉という贅沢な材料を使用して作られていたので、戦前までは非常に高価なお菓子とされていました。また、栄養価が高い事で江戸時代から戦前までは、カステラは体が弱った時や病気になった時の栄養補助食品として食されていました。その後、カステラは日本人好みに様々な工夫がされ、現在のようなよりおいしいカステラが完成しています。

日本のカステラの原型「カスドース」

カステラ

日本のカステラの原型は「カスドース」というものにあります。カスドースとは焼き上げたカステラの耳を切り落とし、溶いた卵に浸し、周りにグラニュー糖をまぶして揚げたものです。伝来当初、南蛮菓子として宴会でお披露目をした際に、招待客が味に馴染めず、包丁方がカステラを砂糖蜜で煮たのが始まりとされています。カスドースを原型に水飴を使用したカステラへと変化していったのです。

お菓子のくわざわは、福島県にある創業明治20年の老舗のお菓子屋です。カステラ・どら焼・茶まんじゅう・焼ドーナツなど、様々なお菓子を通販にてお届けしております。贈答お歳暮お中元ギフトを贈る際は、お菓子のくわざわの通販をご利用ください。お取り寄せ通販を利用する事で、そのままの美味しさをご自宅でお楽しみ頂けます。

お菓子のくわざわ /和菓子/お取り寄せ 概要

会社名 お菓子のくわざわ
所在地 〒963-7808 福島県石川町双里字神主20-1
電話番号 0247-26-2851
FAX 0247-26-8511
メールアドレス info@kuwazawa-wagashi.com
URL http://www.kuwazawa-wagashi.com/
業務内容 和菓子/お取り寄せ/通販/焼き菓子/どら焼き/カステラ/焼きドーナツ/まんじゅう/大福/ドーナツ/ショコラ/抹茶/ブッセ/お菓子/ギフト/お中元/お歳暮/贈答/おすすめ
説明 和菓子のお取り寄せなら【お菓子のくわざわ】お菓子のくわざわでは、焼きドーナツ・どら焼き・カステラ・焼き菓子など、おいしい和菓子を各種取り揃えております。お中元やお歳暮などの季節のギフトにおすすめのご贈答用セットもございます。油で揚げずにオーブンで焼いた焼きドーナツはお子さまからお年寄りまで幅広い人気です。創業明治20年の老舗の和菓子をお取り寄せでお楽しみください。
日本
都道府県 福島県
市区町村 石川町