• 和菓子の歩みを知る

ホーム » 和菓子の歩みを知る

美味しくて甘い焼き菓子は、疲れた心と身体を癒してくれます。お気に入りの焼き菓子をお取り寄せしたいと、評判の良い老舗をお探しの方もいらっしゃるでしょう。日本の文化や風土、自然、日本人のおもてなしの心が詰まった伝統ある和菓子は、どのような道を歩んできたのでしょうか。

和菓子の始まり

和菓子の始まり

果物の「菓」、種子の「子」から、菓子という言葉が生まれたのをご存知でしょうか。人間の祖先である古代人が、果物や木の実を間食として食していたことが由来だそうです。

現代でも、加工されていない果物を水菓子と呼ぶこともありますが、これは当時の名残であると考えられています。

古代人も知恵を使い、木のみを天日で乾燥させたり、石鎚などを使って粉砕したりして保存したりと、徐々に手を加えていきました。しかし、当時食していた椚や楢の実は、アクが強くてそのままでは食べられるような代物ではなかったそうです。その後、木の実を粉砕して水に晒してアクを抜き、丸めて熱を加えて作り出されたのが団子です。これが和菓子の始まりと言えるでしょう。

和菓子の発展

和菓子の発展

菓子と言えば果物だった日本に、新しい形の甘味が伝わったのは、中国から運ばれてきた唐菓子です。

当初は寺院や神社へのお供え物として用いられていましたが、小麦・米粉・大豆・ごま・甘味料を加工して調理を施した唐菓子は、日本の菓子文化に革命を起こしたのです。

この唐菓子を参考にして誕生したのが、日本で最初の和菓子といわれている「椿餅」です。鎌倉時代には、中国から伝わった点心(食事の間にとる間食)に影響され、「ようかん」が誕生します。

日本が誇る和菓子の誕生

日本が誇る和菓子の誕生

砂糖が初めて日本に伝わったのは750年頃ですが、一般的に使用されるようになったのは江戸時代に入ってからです。御所のある京都では、将軍へ献上するために上菓子屋、饅頭屋、餅屋が競い合い、日本菓子も少しずつ進化を遂げていきました。

この頃の砂糖は、まだまだ貴重品として扱われていましたが、江戸後期になり一般庶民にも普及し始めました。さとうきびの栽培や製糖も盛んになり、一般市民にも普及されていったのです。

京菓子の発展もピークを向かえ、現代の和菓子とほとんど変わらない、数々の銘菓が続々と誕生しました。茶席の菓子もどんどん進化を遂げ、短歌や俳句に準じた、独創的かつ洗練された技が光る、美しく繊細な茶菓子が注目を集めたそうです。

明治になり、砂糖をふんだんに使用した甘い金平糖やカステラ、ビスケットなど、西洋菓子が日本に普及し始め、日本菓子は大きく変貌を遂げます。大正末期には洋菓子と区別をするために「和菓子」と呼ばれるようになりました。

お菓子のくわざわでは、焼きドーナツや焼ショコラ、まんじゅう、ブッセ、バターどら焼きなど、様々な焼き菓子をお取り寄せすることが出来ます。創業明治20年の老舗である伝統の味は、お中元やお歳暮などの贈り物としても喜ばれています。通販で和菓子をお取り寄せするのであれば、是非一度ご利用ください。

お菓子のくわざわ /和菓子/お取り寄せ 概要

会社名 お菓子のくわざわ
所在地 〒963-7808 福島県石川町双里字神主20-1
電話番号 0247-26-2851
FAX 0247-26-8511
メールアドレス info@kuwazawa-wagashi.com
URL http://www.kuwazawa-wagashi.com/
業務内容 和菓子/お取り寄せ/通販/焼き菓子/どら焼き/カステラ/焼きドーナツ/まんじゅう/大福/ドーナツ/ショコラ/抹茶/ブッセ/お菓子/ギフト/お中元/お歳暮/贈答/おすすめ
説明 和菓子のお取り寄せなら【お菓子のくわざわ】お菓子のくわざわでは、焼きドーナツ・どら焼き・カステラ・焼き菓子など、おいしい和菓子を各種取り揃えております。お中元やお歳暮などの季節のギフトにおすすめのご贈答用セットもございます。油で揚げずにオーブンで焼いた焼きドーナツはお子さまからお年寄りまで幅広い人気です。創業明治20年の老舗の和菓子をお取り寄せでお楽しみください。
日本
都道府県 福島県
市区町村 石川町