• 様々な説があるどら焼きの起源

ホーム » 様々な説があるどら焼きの起源

お中元やお歳暮などの贈答品として、和菓子を選ぶ方は多くいらっしゃいます。今や、通販を利用して取り寄せる事もでき、手軽に購入出来ます。ひとくちに和菓子といっても、種類も様々です。子供から大人まで幅広い世代の方に親しまれているお菓子のひとつに、「どら焼き」があります。古い歴史を持つ「どら焼き」の起源には、様々な諸説があるといわれています。

「どら焼き」の名前の由来

「どら焼き」の名前の由来

どら焼きを漢字で書くと「銅鑼焼き」となります。名前の由来には様々な説がありますが、最も有力な説としては、打楽器の「銅鑼」に似ている事から、「どら焼き」と名付けられたとされています。

また、もう一つの説としては、鉄板の代わりに熱した銅鑼で生地を焼いて作ったからといわれ、どちらの説も楽器の銅鑼が同じく関わっているのが特徴です。

「どら焼き」の起源

「どら焼き」の起源

歴史上の人物である、武蔵坊弁慶との関係が深いという説があります。平安時代の末期に、源義経が奥州へ逃げた際、負傷していた弁慶は武蔵野の民家で療養していました。そこで、弁慶が出立の際に慌てていたのか、銅鑼を置き忘れてしまいます。その銅鑼を使って生地を焼いたのが始まりだといわれています。

また、治療を受けたお礼に弁慶が銅鑼で生地を丸く焼き、あんこを挟んだお菓子を作って振る舞った事から始まったともいわれ、様々な説があります。

「どら焼き」の形の変化

「どら焼き」の形の変化

どら焼きの原型は、江戸時代にまで遡ります。もともと、あんこを挟んだものではなく、紙のように薄い皮にあんこを載せ、皮の端を折りたたみ、四角く包んだものでした。

その後、明治の初め頃に丸い形のどら焼きが誕生したとされ、現在のようなカステラ生地であんこをサンドする形になったのは、大正時代に生み出されたといわれています。

お菓子のくわざわでは、福島県の素材を使った和菓子の通販を行っております。自慢の逸品である「バターどら焼き」は、自宅用としてだけでなく、ギフト用としてもおすすめです。つぶあんは、地元産の小豆の中でも粒が大きくツヤのあるものを厳選し、一晩蜜にじっくり漬け、炊き上げたものとなっています。和菓子の通販をお探しなら、是非お菓子のくわざわをご利用ください。

お菓子のくわざわ /和菓子/お取り寄せ 概要

会社名 お菓子のくわざわ
所在地 〒963-7808 福島県石川町双里字神主20-1
電話番号 0247-26-2851
FAX 0247-26-8511
メールアドレス info@kuwazawa-wagashi.com
URL http://www.kuwazawa-wagashi.com/
業務内容 和菓子/お取り寄せ/通販/焼き菓子/どら焼き/カステラ/焼きドーナツ/まんじゅう/大福/ドーナツ/ショコラ/抹茶/ブッセ/お菓子/ギフト/お中元/お歳暮/贈答/おすすめ
説明 和菓子のお取り寄せなら【お菓子のくわざわ】お菓子のくわざわでは、焼きドーナツ・どら焼き・カステラ・焼き菓子など、おいしい和菓子を各種取り揃えております。お中元やお歳暮などの季節のギフトにおすすめのご贈答用セットもございます。油で揚げずにオーブンで焼いた焼きドーナツはお子さまからお年寄りまで幅広い人気です。創業明治20年の老舗の和菓子をお取り寄せでお楽しみください。
日本
都道府県 福島県
市区町村 石川町